まず、グレン・ドーマン著「親こそ最良の医師」(原題:”What To Do About Your Brain-Injured Child”)をお読みになることをお薦めします。研究所の基本的な考えが理解できます。

家庭で子どもに何かをしたいという方は、グレン・ドーマンが乳幼児の能力開発について書いたその他の書籍も参考にして「自家製プログラム」を作り、働きかけを始めることができます。