フィラデルフィアの人間能力開発研究所で年4回開催している脳障害児の親向けのコースは、日本でも年に一回神戸で開催しています。

日時:2014年2月3日(月)から2月7日(金)

場所:兵庫県 神戸市


ADHD、学習障害、発達遅滞、精神発達遅滞、自閉症、脳性まひ、てんかん、など色々な診断名がありますが、軽度な症状から、身体も動かせない重度な症状まで、私たちの研究所では「脳障害」と呼んでいます。

医師からの診断を受けなくても、毎日の生活の中でお母さん、お父さんがお子さんの発達で気になること、

 *言葉の発達が心配
 *運動面の発達が平均よりも遅れ気味
 *手先が不器用
 *公園の遊具も自分からチャレンジしようとしない
 *他の子どもたちより行動が遅い
 *落ち着きがない
 *癇癪をおこしやすい
 *風邪など、頻繁に病気をする
 *ひきつけや発作がある
 *学校の勉強についていけない

このようなことはありませんか?
親が子どもの発達のつまずきを理解することで、その子に合わせた発達を促すためのプログラムを家庭で行うことができます。


日本では、フィラデルフィアの研究所で行われたコースを録画し、日本語に吹き替えたビデオを大画面でご覧いただきます。
フィラデルフィアの研究所からスタッフが来日しますので、最新の情報は同時通訳を通してライブでも行います。
講義の休憩時間には研究所のスタッフに直接質問ができます。

実際の体験、実習も講義の中に含まれており、実践的な内容になっています。
家庭でプログラムをしている子どもたちが、その様子を披露するデモンストレーションもあります。

コース終了までに、自分の子どもの発達の問題がどこにあるのかを理解し、家庭で行う具体的なプログラムを作り上げます。
家に帰るとすぐにお子さんのためのプログラムを始めることができるのです。

コースの内容についてより詳細をご希望の方には、無料で資料を差し上げています。
どうぞご連絡ください。

連絡先 電話: ドーマン研究所  東京オフィス 03-3797-5950
神戸オフィス 078-251-3240
メール: info@doman.co.jp 

人間能力開発研究所の「脳障害児のためのプログラム」については、 こちらから内容をご覧ください。
過去のコースの参加者の声も載っています。