2012年8月24日〜26日、神戸で2年ぶりにワンデイコースが開催しました。


今回は5日間のコースの中の「読み」「百科事典的知識」「算数」の3日間の講義でした。講義では、グレン・ドーマンが50年にもわたる脳の研究から学んできたことから、なぜ子どもは天才なのか?なぜ母親は子どもにとっての一番の教師なのか?の答えを述べました。又、講義の中では実際に教材作りの実習が行われ、教材作りのポイントやどのように子どもに見せるのかなどを紹介させていただきました。


研究所の長年の経験から得た、家庭で陥りやすい“やってはいけない事”のアドバイスは興味深いものがあったのではないでしょうか。


ドーマン・メソッドのプログラムを実際に家庭で行っている家族に来てもらい、その様子を参加者にお見せするデモンストレーションも行われました。

生後3か月の赤ちゃんがお母さんと一緒に読み・算数のプログラムを楽しんでいるのをご覧になって、参加した方々は赤ちゃんでも楽しくプログラムができるということをお分かりいただけたことでしょう。


また、1才と5才の子どものデモンストレーションでは、ドーマン研究所が出版している本やDVDではお伝えしきれない発展的な学習の方法を親子で楽しく紹介しました。いわゆるお勉強ではなく、生活と密着し、親子で楽しむ学習の様子を感じていただけた事と思います。


9月29日(土)から東京でベターベビー ワンデイ・コースが始まります。



 今後のベターベビー ワンデイ・コースの予定はこちらから

 神戸のコース参加者の感想はこちらから