今年も7月23日「運動」、24日「外国語、音楽、栄養など」のプログラムのベターベビー ワンデイ・コースを東京で開催しました。


赤ちゃんの脳の発達には、「腹ばい」「高ばい」の動きをすることがとても大切です。
運動のプログラムの講義ではがなぜそれが重要なのかについて、グレン・ドーマンからくわしい講義がありました。

運動は単なるエクササイズではなく、脳を発達させるために必要不可欠なものです。参加された皆さんには、運動が子どもたちの「読む力」「書く力」「理解する力」などの知性面の能力を発達させるためにとっても重要であることを、講義を通して理解していただけたことでしょう。

講義の間には、実際に家庭でプログラムを行っている4人のお子さんが、「腹ばい」・「高ばい」・「ブレキエーション」のデモンストレーションを披露しました。子どもたちと一緒に、参加者の方々も実際に「腹ばい」・「高ばい」を体験しました。こどもたちは毎日家で行っているので楽々こなしていましたが、自分で体験していかにたいへんかを実感し、子どもたちに思わず拍手を送ったようでした。

デモンストレーションの後には、実際にプログラムをしている親子さんに直接質問する時間がありました。「高ばいやってくれないのですが、どうしたらいいでしょうか?」「プログラムを始めるにあたって、できるか心配です・・・・」などたくさんの質問が寄せられました。先輩お母さん方は、今まで家で行ってきたプログラムの経験を生かして、どのようにしたらうまくいくのか、また楽しむコツなどについてアドバイスしました。


外国語・音楽・栄養の講義では、身近な所から簡単に楽しく行う方法が紹介されました。外国語や音楽は家で教えることは難しく、どうしてもお教室などに頼ってしまいがちですが、「読み」や「ビッツ」、「算数」の方法を使って家庭でも楽しく教えることができるのです。

デモンストレーションでは、小さい子どもたちがバイオリンを上手に弾く姿に、参加者の方からも「感動しました」というたくさんの声をいただきました。休憩の間には、スタッフにたくさんの質問が寄せられ、年齢やそれぞれのお子さんに合ったプログラムの進め方を個別にアドバイスしました。

今回でワンデイコース5日間をすべて修了された方が多数いました。
読み、百科事典的知識、算数、運動、外国語・音楽・栄養の5日間の講義を終えて、すべてが体系的につながり、子どもの成長に欠かせないものだということを理解いただけたことでしょう。 
「親は子どもにとっての一番の教師」というグレン・ドーマンからのメッセージを胸に、コースで学んだことをこれからのお子さんと過ごす楽しい時間に活かしてくださることでしょう。

9月10日(土)から、今年後半のベターベビー ワンデイコースが始まります。 どうぞご参加ください。

 ベターベビー ワンデイコースの開催スケジュール