11月27日「運動)、28日「外国語、音楽、栄養)に東京でワンデイコースが開催されました。

 「運動」のプログラムの日には子どもの脳の発達段階について詳しい講義があり、どのように脳は発達していくのか、その上で必要不可欠な刺激や動きは何なのか、グレン・ドーマンが核心に迫りました。 子どもの発達の明確な指標は世間一般ではあいまいな部分が多いですが、グレン・ドーマンは「発達プロファイル」という脳の発達を表したチャートを使って、そのあいまいさを明確に分かりやすくご両親に説明します。参加者の方々は、自分の子どもが今どの発達段階にいて、これからの脳の発達のためにどのような環境が必要なのかが明確になったことでしょう。

 運動の講義では、プログラムを実践している3人の子ども達が会場に来て、家庭でやっているプログラムを披露してくれました。 腹ばい・高ばい・ブレキエーションを小さな子どもたちが楽しそうに楽々こなす姿に、驚きの声が上がっていました。



 二日目は「音楽」、「栄養」、「外国語」のプログラムについての講義がありました。
 音楽の講義では、小さな子ども達がバイオリンを弾く姿に参加者の方々も驚きを感じると共に、ご自身のお子さんのこれからの可能性も感じていただけたことでしょう。
 「栄養」のプログラムは、子どもの毎日の食事から必要な栄養素をとることについて、また「外国語」では子どもが小さくても楽しく教えることができる具体的なやり方を学びました。

  
 
 講義の間の休憩時間では、たくさんのご両親がスタッフへ直接質問をして、家でうまくいかない点、次のステップへの方法など、それぞれのお子さんに合った適切なアドバイスを受けていました。

 コースでは書籍だけでは伝わりにくい、ドーマンプログラムの本当の楽しさを参加者の方々に体験していただけます。プログラムをもっと身近に感じ、楽しく実践していただけるようになります。来年も5月から開催を予定していますので、どうぞご参加ください。


ベターベビーワンデイコースの詳しい内容と今後の開催予定はこちらのページから
 




 「運動」プログラム参加者の声

 運動機能が視覚やバランンス、言語能力に深く関わっているという事が分かりました。日常生活の中で、運動機能を高めるための具体的な方法、環境、注意点について明確に理解できました。
講義を終了して、密度の濃さに非常に驚きました。(K.A.)

 赤ちゃんに運動する機会を与えることの重要さが理解できました。また呼吸と運動の相互関係もとてもよく分かりました。1つ1つ発達段階をプログラムごとに説明してもらえたのでとても分かりやすかったです。(A.N.)

 頻度・強度・継続度が大切であると分かりました。バランス運動の内容などとても分かりやすかったです。今までは、毎日の行動が赤ちゃんにとても大きく影響するとは思っていませんでした。(M.O.)

 子どもに歩かせたり、走らせたり、ブレキエーションをさせる事がとても重要なのだと思いました。他の親御さんにも、ぜひ1度受講してみてほしいです。(K.S.)

 「音楽」、「栄養」、「外国語」参加者の声

 語学と音楽に関して、どのように教えたらよいのか良く分かりました。スタッフの方に直接質問ができたのが良かったです。
子どもがやりたいと思うことができるように、すべてのドアを開いてあげて、無限の可能性を与えたいと思います。(M.S.)

 音楽でも外国語でも、親が教えたいと思うものは何でも子どもに教えることができるのだと思いました。とても感動しました。(T.O.)

 外国語は親がとても苦手意識があるので、教える事はできないと思っていました。でも、他のプログラムと同様に楽しく進める事ができる!と確信しました。本当に子どもの可能性ってすばらしいです。(Y.H.)

 おけいこのお教室などもありますが、それだけではなく親子で家で楽しむ教え方もあるんだなと思いました。スタッフへの直接質問できたのがとてもよかったです。母から子へ楽しさを教える事が大切!(Y.N.)