9月12日(日)ベターベビーワンデイ・コースの「百科事典的知識」を東京で開催しました。

 グレン・ドーマンは「知識の獲得は人生の目的である」と言っています。科学も芸術も音楽も言語も、人間にかかわるすべてのことは、知識から生み出されるのです。

ビデオ講義の様子
 知識は情報を基礎とし、情報は事実を通してのみ与えることができます。あらゆる事実を子どもに与えるための適切な方法を学ぶのが、この「百科事典的知識」のプログラムです。

 この日のワンデイ・コースは、まず「脳はどう発達するのか」「知性とはなにか」といったグレン・ドーマンの講義から始まり、実際にプログラムをしているさまざまな年齢の子どもたちのデモンストレーションもビデオでご覧いただきました。

 また「知性のビッツ」と呼ばれるカードを実習で作成し、参加者同士でカードを見せ合ったりもしました。

 いつものワンデイ・コースのように、初歩からどのように教材作りを進めていくかがわかるように、休憩時間には手製の教材を展示しました。

 次回の「百科事典的知識」のワンデイ・コースは来春に開催予定です。 スケジュールが決まりましたら、ホームページに掲載します。

ワンデイ・コースで作成したビッツカード

  



 第2日目「百科事典的知識のプログラム」参加者の声


 「脳は使うことで成長する。」当たり前のようですが、その大事さを再確認しました。日々の忙しさに働きかけがおろそかになっていたので、1日に少しでもいいから子ども達にいろんな刺激を与えていこうと思いました。自己流の働きかけに悩んだり、迷ったりしているのなら是非!!参加してみてください。(C.F)

 子どもの能力を過小評価せず、いろいろ学ばせる事ができると思いました。「百科事典的知識」のプログラムに前向きに取り組んでいくようになると思います。今まで自己流でしていた時に感じた疑問点や不安な点を質問できてよかったです。(M.H)

 頻度・強度・継続度の意味がよく分かりました。脳の発達についての話など参考になりました。今までなんとなくプログラムしていましたが、どのようにしたらよいのか分かり明確にプログラムができるようになると思います。(M.O)
.
 子どもの脳には限りない収納があるのだと分かりました。とても分かりやすく、私のモチベーションも上がったので参加してよかったです。(K.Y)