米国フィラデルフィアの人間能力開発研究所(The Institutes for the Achievement of Human Potential)所長ジャネット・ドーマンが来日し、東京・科学技術館で講演をおこないます。日本語の同時通訳を音声受信機で聞いていただきます。

ジャネット・ドーマンは昨年も東京で講演を行っています。
午前の部の講演内容は昨年と同じで、脳に障害があっても健常になる可能性があるということについて話します。
午後の部は新しい内容で、子どもの脳の発達のためになにが大切か、賢い子どもに育てるために親が知るべきことについて話します。




講演者プロフィール:
人間能力開発研究所創立者グレン・ドーマンの長女。
「赤ちゃんに読みをどう教えるか」、「赤ちゃんはいかに賢いか」などの共著者
日時
  2009年7月19日(日)

会場
  科学技術館   サイエンスホール
  〒102-0091 千代田区北の丸公園2-1    TEL: 03-3212-8485

午前の部
  10:00〜12:30

『健常への道』
自閉症、ダウン症、多動、脳性麻痺など、脳に障害のあるすべての子どもには、健常への可能性がある

午後の部
  14:00〜16:30

『子どもの脳の発達になにが大切か?』
賢く健康な子どもに育てるためのヒントは、知的な働きかけだけでなく、身体を動かすことや、毎日の食事などに隠れている

料 金
  午前の部 4,000円  午後の部 4,000円  午前・午後通し 7,000円

定 員
  各300名
  お子様はご入場できませんので、ご了承ください。

申込み
  東京でのジャネット・ドーマン講演会のインターネットからの申込みは終了しました。
  まだ、多少お席がありますので、電話でお申込みください。

             (ドーマン研究所 東京オフィス 03-3797-5950)

お問い合わせ

        お問い合わせ先