21トリソミー(ダウン症) ミラのサクセス・ストーリー ミラについての最新情報

生後3か月で心臓開胸手術を受ける直前のミラ

ミラは神様からの贈り物です。
我が家の最初の娘であり、祖父母にとっては初孫です。

こんなに強く、毅然として、愛らしい赤ちゃんを家族に迎えた私たちは、とても幸運でした。

病院で医師の口から出た最初の言葉は「おめでとうございます。」ではなく、「つらいことをお知らせしなければなりません」でした。

「ダウン症」と聞いたとき、最初私たちはこれをどうとらえたらよいのかわかりませんでした。
「おめでとうございます。元気な女の子ですよ」という言葉を待っていたのですから。
さらに数日後、心臓には房室管欠損という先天性疾患があることが判明しました。
「ダウン症」への対応はひとまず後回しになりました。

最初の数週間は現実を受け入れられず戸惑いました。
それでも私たちは、ミラは私たちの子どもになるべくして生まれてきたことはわかっていました。
私たちの手に負えないほどのものを神様がくださったとは思っていませんでした。
ミラとの旅の始まりでした。
それ以来私たちはできる限り良い親になろうと、休むことなく頑張りました。

ミラが生まれて2,3週間後、オンラインで情報を探していた私たちは「赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか」という本を見つけました。
今でも私たちは、この本を見つけることができた偶然に心から感謝しています。
本に導かれて人間能力開発研究所までたどり着き、ミラを助けなければいけないことを理解したのです。
待ちきれない思いで参加したフィラデルフィアでの「あなたの脳障害児になにをしたらよいか」コースで、そのことを実感しました。

しかしその前にミラの心臓の問題を解決しなければなりません。
娘の心臓の手術は、私たちの経験のしたなかでもっとも困難なことでした。
生後3か月でしたが、ミラの手術は成功しました。
ミラの心臓が手術で治ったことを知ったときの喜びは、何にも代えがたいものでした。
人生の旅を続ける機会を与えられたのです。

荒波のなかで始まったミラの人生でしたが、私たちは、グレン・ドーマン「読みのプログラム」を使って、手術直後から読みを教え始めました。
人間能力開発研究所を早いうちに見つけられた幸運を、無駄にしたくありませんでした。
私たちがコースを受けたとき、ミラはまだ生後6か月でしたが、それ以来私たちは人間能力開発研究所の集中プログラムをおこなっています。
現在3歳4か月になるミラは、人生最初の1年間でたくさんのことを成し遂げました。

運動面の重要なゴールも次々に達成しました。
胸囲は狭く、筋緊張が低いという医学的にみて難しい問題がありました。
私たちはまずミラをうつ伏せにして、床の上で動く機会をたくさん与えました。
傾斜板を使い始めてからちょうど2週間後、生後7か月ほどのときに、腹ばいをし始めました。
何千メートルもの腹ばいをし、4か月後には高ばいが始まりました。
ミラは本当に頑張りました。
生後1歳3か月で、ものにつかまって伝い歩きをし始めました。
そして1歳6か月では、初めて数歩あるきました。
1歳9か月でついに歩き始め、今では20メートルをノンストップで走ります。
身体的な成長には、医師も家族も目を見張りました。

7か月で高ばいを始めました

3歳になるころには走っていました

知性面の発達は、皆の期待を超えるところまで行きました。
英語とスペイン語で単語を教えました。
ミラが初めて話した言葉は生後8か月のときの「ママ」「ダダ」でした。
まだ1歳のときに読み始め、1歳5か月のときには手作りの本を声に出して読むようになりました。
現在は、英語とスペイン語の両方で、独りで読むことができます。
言語にも大きな進展がありました。
1歳で話し始めたミラは、いまでは英語とスペイン語の両方を使い、短い会話を交わすことができます。
最近フランス語を学び始め、1から15までフランス語で言えるようになりました。
算数も学び始め、問題も自分で解いています。

6か月の時にはスペイン語で
日常的な単語を認識していました
算数と読みのプログラムをしています

研究所から指示された食物のローテーション・ダイエットとサプリメントのおかげで、健康状態はとても良いです。
ここ数年で、呼吸や身体の協調性が改善されてきており、引き続きこの分野での発達にちからを入れています。
法律のプログラムによって、社会的な対応力も向上しています。
3~4段階の指示にしたがえるようになり、家族のためとか、地域の催しでも役に立つようになりました。

私たちが「ここまでは何とかできるようになるだろう」と思っていたレベルを、ミラはわずか3年で超えました。
すべきことはまだまだたくさんありますが、ミラはすでに読み算数、理解、社会面、その他多くの分野で、年齢レベル以上の能力を発揮しています。

3歳の誕生日

一生かけて得るよりも多くの脳についての知識を、人間能力開発研究所は私たちに教えてくれました。
今もその知識は増え続けています。
集中プログラムによって、ミラの人生は大きく変化しました。
毎日の昼夜を問わない努力は、すでに報いられています。

生まれたその日から、ミラは私たちにやる気を起こさせてくれました。
そして私たちの人生の中で、愛という存在であり続けています。
プログラムを始めてからずっと、友人や家族の助けがあったことを、私たちは幸運に思っています。

ミラとご両親

最後になりましたが、人間能力開発研究所の献身的なスタッフ、その知識、私たちの行く道を導いてくれること、計り知れない価値を与えてくれることは、私たちにとって幸運なことだと申し上げておきましょう。
人間能力開発研究所は、他では見いだせなかった希望を与えてくれ、ミラの勝利のために戦うチャンスを与えてくれました。
そして脳について期待した以上のことを教えてくれました。
3歳の子どもに何ができるのかをこの目にした私たちにとって、これから先の未来は果てしなく広がっています。

3歳の時ビーチで