「あなたの脳障害児になにをしたらよいか」コース

2019年 2月 4日 ~ 8日 東京開催

「あなたの脳障害児になにをしたらよいか」コースは、お子さんの運動面、知性面、社会性の発達や成長を促す方法についての重要な情報が学べる総合的なコースです。

脳の発達のために最適な環境を整える方法を知ることは、お母さんとお父さんが子どもにとって最良の先生や療法士になる道を開きます。家族全員がチームとなって協力することができれば、最善の結果をもたらすでしょう。親は問題なのではなく、答えなのです。

脳性まひ、 自閉症、 ダウン症、 発達障害、ADD、注意欠陥・多動性障害、学習障害、てんかんなど、さまざまな診断名があります。研究所のプログラムは、目が見えない、耳が聞こえない、麻痺がある、歩けないといった症状から、発語が少ない、発達が遅れぎみ、学習障害のお子さんまで、脳に障害をもつお子さんを広範囲にわたって対象にしています。障害の診断名や程度によって、お断りすることはまずありません。

コース参加者の声:

ちゅうちょせずに、とにかくコースを受けてほしいです。プログラムが効果的であることが、理解できると思います。

母親 日本

まずは、5日間の講義を受けてみることをお勧めしたいです。私たち家族も、何もする事なく、子供の年齢だけが進むという状態が本当にストレスでした。何か子供の状態をよくする方法を学べることは幸せなことだと思います。

母親 日本

自分の子どものプログラムを作り上げることが出来ました。疑問に思う所をスタッフの方に教えていただいたので、納得して取り組むことができます。

父親 日本

これまでは、研究所の本などを読んでプログラムをやれば良くなると漠然と思っていたが、これからは自信を持って取り組めます。

母親 日本

家でプログラムを行うことは子どもを成長させることだけにとどまらず、家族が一体となって、とても大切なものを得られるのだとわかりました。プログラムを行いながら、家の中がいつも明るく、生き生きした場所になると思います。

母親 日本

本コースに関する人間能力開発研究所のウェブページ(日本語)はこちら

 

お問合せ・お申込み先

ドーマン研究所 東京オフィス
  電話 03-3797-5950

  メール info@doman.co.jp